ロゴ
HOME>イチオシ情報>更年期障害の症状は薬で改善【症状に合わせて選ぼう】

更年期障害の症状は薬で改善【症状に合わせて選ぼう】

婦人

更年期に現れる症状

女性であれば、更年期障害に悩むことがあるでしょう。訪れる年齢、時期も症状も個人差があります。必ずしも重い症状で悩んでしまうというわけではありません。ホルモンバランスの影響なので避けたくても避けることはできません。個人差がある症状ですが、一般的には体のほてり、多汗、頭痛、めまい、憂鬱な気持ちになったり、イライラしたりするということが多いようです。これらの症状を緩和させるための薬もあるので、まずは婦人科に相談をしてみるとよいでしょう。その人に適した薬を処方してくれるので、深く悩むことはありません。場合によっては漢方で対応するという方法もあるので、どういう対処法があるのか婦人科医に相談をしてみるとよいでしょう。

女性

薬で症状を改善

更年期障害はどうすることもできない、ただその時期が過ぎるのを待つだけだと勘違いをしている人が多いです。実は薬である程度の症状を抑えることができます。一般的に処方されるのが低用量ピルです。低用量ピルはホルモンバランスを整える作用があるので、更年期障害には効果が高いです。中には低用量ピルに対してマイナスのイメージを持っている人がいますが、副作用も出にくい低用量であれば安心できますし、体も楽になります。中またサプリメントで対応をすることもできたり、民間療法もあったりするので合わせて利用をしてみるとよいでしょう。薬に頼りたくはないと考えていても、イライラなど周りに迷惑をかけることもあるので、出来るだけ婦人科医に相談をしたほうがよいです。